スターウォーズ レガシーコレクション グリーバス将軍

レガシーコレクション      グリーバス将軍



稀にやってるスターウォーズフィギュアレビューですが
今回は叩き売りされてた旧作ベーシックフィギュアのレビューではなく、比較的発売時期が新しいベーシックフィギュアをご紹介。

レガシーコレクションとは、今までのスターウォーズシリーズから色々ラインナップされているシリーズなわけでして。
TFでいうユニバースみたいなもんでしょうかね?


グリーバスは最近地上波でもやってたエピソードⅢに出てくるキャラなわけなんですが、こいつだけでもベーシックシリーズで数種類のフィギュアが出てます。
我が家にはDX版と先行販売版がありますが、正直あまり出来はよくなかったです・・・

そんな今までのグリーバスとレガシー版は全然違うのですッ!!
では順を追ってどんな風に変わってるのかレビュー







手の展開ギミック!
・・・・ってこれは他のグリーバスフィギュアでもあるギミックなのですが・・・・







なんと!
4本の腕すべてが独立して可動するのです。


今までの製品では、腕は別れているものの可動がかなりイマイチでポーズがつけずらかったのが弱点でしたが
レガシー版では修正されて、劇中同様に昆虫足のごとく動くようになってます。無駄なギミックも付いてないから、何かしらの影響で可動に支障があったりはしません。





足の関節もかなり改修されており、可動域がかなり広くなってます。






劇中の逃走ポーズ
こんな形体まで再現できるとは・・・・


各所関節が旧製品に比べかなり良くなっているので、大抵どんなポーズでも可能です。可動部分も増えてますし。
また、各部の造形もかなり良くなっており、劇中でのイメージにかなり近い造形になってます。





付属品はライトセーバー2本とブラスター1丁。
ライトセーバーは4本付けてほしかったんだけどなぁ・・・あとマントも。





先行販売版&DX版とサイズ比較

この通り、今までの製品よりサイズが大きくなってます。
劇中ではオビワンなんかより背が高かったからこのサイズがジャストなのかも。





DXのライトセーバーを借りて劇中を再現。
やっぱり将軍はこれじゃないとね。






先行販売版のマントを借りて
長さがちと足りませんな;

DX版のマントの方が色合いが劇中に近いのですが、マントだけ行方不明なのでこっちで代用です。





ということでレガシーコレクション版グリーバス将軍のレビューでしたが

個人的な感想としては「やっとグリーバスらしいグリーバスフィギュアが出たか」という思いです。
もうEPⅢ公開から結構経ってるし、もう少し早く発売しててもよかったんじゃないかと。


製品については
可動は申し分ないですが、付属品をもう少し考えてほしかったなぁ。
相変わらずライトセーバー持ちにくい手の形だけは直ってないし、ライトセーバー持たせるように設計されてないよな絶対・・・・;


あと書き忘れましたが
ドロイドファクトリーというおまけでドロイドのボーナスパーツが付属するのですが、全部集めないと完成しないので正直あってもなくてもいいような感じ;



おそらくDXか何かでまた出るんだろうなグリーバス・・・・w
以上、グリーバス将軍のレビューでした。
とりあえずノシ
スポンサーサイト
別窓 | レガシーコレクション | コメント:0 | トラックバック:0
200903012018
<<バイオハザード   イビー | スタンド製作所 | UNIVERSE ディセプティコン ヘビーロード>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| スタンド製作所 |

RSSリンクの表示

RSS登録しとけば良い事あるかも?

copyright © 2006 スタンド製作所 all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
まとめ