TF アニメイテッド  ブラックアラクニア

    ブラックアラクニア(Blackarachnia)


前回のクロミアに続きTF女性陣その2
今日はこいつ、アニメイテッドのブラックアラクニアですよ~


本編ではオートボットのエリータワンが自身のコピー能力で蜘蛛をコピーしてしまった為、有機物が混合したTFとなってしまいブラックアラクニアになったわけでして。
戦闘ではエリータワンだった時のコピー能力や蜘蛛特有の毒を使って戦う。
元の姿に戻る方法を探しており、初期はディセプティコンメンバーと一緒に居たが地球に来てからは単独行動するようになった。

ちなみに、ワスピネーター同様ビーストウォーズのブラックアラクニア(ブラックウィドー)が元になったキャラだったりする。






変形前はビースト版同様に蜘蛛型。
ある程度可動はしますが、この形体ではイマイチ可動しにくい感じ。




では早速いつもの

ブラックアラクニア、トランスフォームっシャ!!







ロボット形体もビースト版を意識した感じでなかなか。。
にしてもアニメの体型をここまで再現してるとは、相変わらずアニメイテッド玩具は凄いです;







ちょっと本体に影がかかって撮影失敗です;
眼は集光ギミックがありますが、ラグナッツのようにほとんど機能してないようです。
ちなみにわかりにくいけど唇が少し下位置の為、鼻の下が長く見えます;






可動率はそこそこ。
脚の形状が特殊な為若干立ちにくいです。







武器(ギミック)としてクロー付きアンカーが付属します。
クローを引っ張るとひもが伸び、本体のボタンを押すと掃除機のようにひもを巻きとります。

おそらくビーストのブラックウィドー玩具(リぺ品なので元はタランス)のギミックを真似たのではないでしょうか?多分・・・







このように腕に武器を取り付ける事が可能。

他にも背中や蜘蛛時の腹パーツの裏側に取り付け可能。





こんな感じで遊んでみたり。








上に続きワスピネーターとサイズ比較。
標準的なデラックスサイズです。






ということでブラックアラクニアでしたが


可動については
蜘蛛型では可動率は低めですが、ロボットモードだと可動率は結構高くなります。
手首の可動がなかったり足の形状が特殊だったりして可動は完全ではありませんが、弄るには十分かなと。


変形については
小さい割にちょっとややこしい変形ですが、基本そこまで複雑ではないのですぐに慣れます。



ところで気づく人が誰かいると思いますが。。。
このブラックウィドー、購入時から足パーツの左右が入れ替わってるんですよね。その証拠にビスが外側に向いてます。
どうも他の方でも同じ症状の方が多いようで、工場での製作時に左右入れ替わってるのがデフォになってるようです。
ビスを取り外して直そうにも、パーツ同士が接着剤で固定されているため下手に修正できないです。
気にはなりますが、なるべく修正しない方が無難かと・・・・。破損の可能性もありますしね。



色々ありますが、アニメの体型をうまく再現しているブラックアラクニアはちょっとおススメ。
ビスの件もありますしすごくおススメできるわけではありませんが、ブラックウィドー好きな方には良いかもね。




以上、アニメイテッド ブラックアラクニアのレビューでした。
とりあえずノシ


関連記事
スポンサーサイト
別窓 | アニメイテッド/Animated | コメント:0 | トラックバック:0
200904012057
<<TFアニメイテッド スカイワープ | スタンド製作所 | ギャラクシーフォース  クロミア>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| スタンド製作所 |

RSSリンクの表示

RSS登録しとけば良い事あるかも?

copyright © 2006 スタンド製作所 all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
まとめ